読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デス スターズの歴史

追記

この記事はグダグダな上に何言ってるかわからないので、あまり見ることをおすすめしません。飛ばしてもらって結構です。

6月29日のおじゃまホワイトより。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かブログを書きたい気分だったので、我が軍の歴史を書こうと思います。

私は今…何年生だw?(真面目な記事書こうとしたのに、初っ端からコケたw)まあ中学を卒業し、もうすぐ高校に入学します。

 

多分古いブログでも言ってないと思いますが、私が戦じゃんを始めた(というか見つけた)のは小3の頃です。確か、兄がダイナマイト野球をやってる時に見つけました。

 

第一期

戦じゃんを見つけた小3~小4ぐらいの時期です。マニュアルも操作も何も見ずにやってました。何かそんなポリシーがその頃にはあったのかもしれませんw

あまり鮮明な記憶ではありませんが、恐らくほぼ進んでませんwというか、何故やってたのか疑問に思っています。

 

人によるとは思いますが、戦じゃんって最初はそんなに面白くないんじゃないかなーと思います。同じ場所で兵集めをする、という点では強くなっても同じですが、前半はあまり放置も出来ない上にそこまで戦術性のないやり方でも勝てる(指示、号令をし続ける的な)ので、マンネリ化してしまうのではないかなと思います。まあグラフィックが好きだとか、勝つ時の達成感が良いとか色々あるのかもしれませんがw

 

このマンネリ化の対策は、無いと思います。まあ強いて言うなら、平地をやるんでもどこかの拠点を目指して進んでいってみる(つまり、同じとこと何度もやらない)などですか…。

まあ、その先に面白さがあるということがわかっていれば、頑張れると思います。

話が脱線しましたねw元に戻します。

 

第二期

まあ先ほども言った通り、そんな面白くない部分があったため、戦じゃんをやめていました。ただ、PCゲームはやったりしてました。そこで戦じゃんを改めて始めたきっかけが、あくしょんの存在です。ここも実際記憶が定かではないのですが、確かあくしょんもPCゲームをやっていて、それで戦じゃんをあくしょんに教えて、自分も再開した、という感じだったと思います。

しかし、あくまで攻略wikiなどは見ずに、独断で兵を集めて頑張っていました。(ちなみに、この時の私の兵の基準は大体間違ってましたw)

それでもなんとか進めていき、織田信長を倒すことは出来ました。勿論、その後裏戦国にボコボコにされましたw

ちなみにこれは小6ぐらいの時期だったと思います。確かあくしょん以外にも何人か誘い、軍団を作らせましたが、ハマったのはあくしょんぐらいでした。

戦国ちゃんぷる、カステラ(カステラWとは違います。)って軍団を見つけたらリア友ですw

 

この辺の時期になると、城などにも勝てるようになり、楽しくなってくる頃だと思います。「自分の軍団」というものが構成されてきて、自分なりの兵の基準も出来てくると思います。

 

…なんか解説しようと思ったけど、特に何も思いつかないので次いきますw

 

第三期

中学校に入り、諸事情でPCが家からなくなりました。しかし戦じゃんのことを完全に忘れた訳でもなく、またリア友を誘い続けていました。

めろでぃ、クエスチョンという軍団を見つけたら、それはこの時期に誘ったリア友です。

そして中2になる時、私は今の宮城県へ引っ越しました。まあ…寂しかったです。(戦じゃんの歴史とあまり関係ないので引っ越した理由や心境諸々はカット)

 

そして、あくしょんが再開したのを機に、私も戦じゃんを再開しました。ここに来てようやくwikiなどを見るようになりました。ここで、戦じゃんチャットにも行くようになりました。自分よりレベルの高い人達ばかりだったので、刺激にもなりましたし、良い兵とは何かを知ることが出来ました。

来たことが無い人は今すぐリンクからGO!

 

戦じゃんというゲームをやっていたことによって、チャットなどにおいて離れ離れになった友達と出会い、話すことが出来たので良かったです。 

 

…とまあ適当に良い話に仕立て上げてみましたw

 

 

この時期で裏戦国も倒して、戦じゃんの奥深さを知れました。現在の軍団にいる兵の中にもこの時期の兵はたくさんいます。(第一期と第二期の兵は恐らくもういませんw)

 

リンクにある「元おじゃまホワイト」のブログは、この時期のブログです。改めて見ると、文章力ないなーと思ってますw(今の俺も大概だけどw)兵の紹介以外何もしないし、wを使えば何とかなると思ってました。(だから今もそうなんじゃ…)

 

第三期

PCが壊れたのと、受験勉強の為に戦じゃんを休止していました。そして受験が終了し、現在の第三期が幕を開けました。このブログも始め、通信合戦にも参加し、よりデス スターズの名を知らしめることはできたのかなと思っています。

 

戦じゃんをやっていると、「運も実力の内」という言葉がわかるような気がします。運こそが軍団作りの鍵を握るゲームではあります。ですが、その運を実力に変換する為の知識や根気が必要だと私は考えています。運がよければ軍団録に載れるような兵が手に入るのかもしれません。しかし、その運を引き出す土台がなければ、総合的に強化するということは出来ません。

私の知っている軍団で、類まれなる運によって強力な忍者隊を持っている軍団があります。しかし、その主は知識に乏しく、根気もあまり無い為、軍団の完成度は微妙です。

直接言う訳にもいかず、遠回しに忠告してるつもりなのですが、気付いてないみたいですw

 

知識が無い人を見ると、変にレア技種を探したりなど、時間の無駄…とまでとは言いませんが(まあ本当にゲットするかもしれないのでw)時間の費やし方を変えた方がいいんじゃないのかと疑問に思ってしまいます。

 

それでも、考え方は人それぞれです。本人がそれが最も正しいと思っているのなら、それに従うのが一番だと思います。それを感じたのは、domさんのブログの記事です。

f:id:ojamawhite0324:20140330125202p:plain

あ、見えなかったら言ってください。画像貼りなおします。

 

この記事が、過去の自分のやり方を肯定してくれているようで、とても感動しました。

極端な話をすれば、騎馬なんかはdomさんの様に釣り戦法などで有効利用する軍もいれば、私やあくしょんの様に使わなくてもランクインは出来ます。

戦い方も様々ありますが、その中で自分にあった戦い方を見つけ、更にその戦い方に合う兵を見つける…というように自分なりの軍団を作り上げ、その上で通信合戦などで結果を出せれば、完全にwikiに沿って作った軍団で勝つよりも嬉しさがあると思います。

 

私の場合、裏戦国攻略の方法が、誰にも真似されてないんじゃないのかなと思っています。なんか原理がよくわからないんでw

↓一応動画を

https://www.youtube.com/watch?v=WIphmYZbFPk

 

ただ、自分なりの知識、基準とはいっても、それは御三家など、絶対に必要となる基礎知識を踏まえた上のものです。基礎知識はブログやwikiで仕入れておきましょう。

 

 

結局タイトルからかなり脱線した話になってしまいましたw

でもやっぱり戦国じゃんぶるは楽しいです。これからも時間が空く限りやっていこうと思います。

途中偉そうに語っていましたが、私も戦じゃんの中ではまだまだ未熟者です。すいませんでした。

 

3000文字越えたw次からは普通の記事に戻りますw

 

では。

広告を非表示にする