読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

正攻法の守備隊について

構想開始からはや2か月、ようやく動画進み始めましたよ~。(1分ぐらい)

 

うぃ~っす。何も書くことが思いつかず、放置してしまいました。すんまそん。

 

兵の収穫は安定して無いですwそんな訳で今回は正攻法の「守備」についてお話したいと思います。(攻防分離、が正しいのかもしれませんが、どっちでもいいでしょw)

 

恐らく誰もが気にしてない正攻法の守備ですが、私は相当重要な役割を持っていると思います。

どこがそうなのかというと、守備面ではなく、攻撃隊への影響です。

 

①敵の突撃忍者を自軍の突撃隊(主に鉄砲)に触れさせないこと

これが最も重要じゃないですかね。どっかの記事で書きましたが、対正攻法の守備って忍者が相当大切なんですよね。つまり、逆に言えば攻撃側にとって忍者は相当邪魔な存在である、ということです。

敵の忍者に1体も触れなかったら、勝てるでしょ。大体はw

敵の作忍等をそこそこ討ち取りや撃退し、敵陣前に侵入した後、敵の突忍に自軍鉄砲が反応してしまうと…

 

自軍鉄砲(弓兵)は敵忍者を撃ち続ける→敵鉄砲は無償で自軍兵を攻撃できる→卑怯

みたいな状況になって負けますw

 

ちなみに、検証したところ、敵忍者を持ってくる原因はほぼ虚報です。とはいえ、虚報は攻撃としての役割は無いので、守備隊に置きます。

私が今試しているのは、虚報を全待機、焙烙を守備設定で置くことで、基本の守備は焙烙に任せて、陣前が危なくなったら最終手段が虚報というように配置しています。他はまあ適当に。

f:id:ojamawhite0324:20140627222237p:plain

こんな感じ。鉄砲を入れたりとか、色々試行錯誤してます。

 

一応2つ目

②陣攻されること

例えば、陣攻1回しかできなかった時とかに、陣攻喰らってると僅差で負けたりするんですよね。まあかと言って対策も何もないんですがw

騎馬や結界に陥落されるのは仕方ないと思うしかないですね。予想なんて出来るかw!

 

 

んー…話が着地しない…w

まあ、「何か敵の忍者多くねw?」とか思った時は、守備隊のせいだったりするかもしれません。今一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

といったところで、今回はこの辺で!

 

おあちゃみにゃ

広告を非表示にする