雑賀用の陣形

始めの言葉が何も思い浮かびませんでした。はい。

 

ってな訳で、前回話した通り、遠征前最後の記事となります。

何更新するかなーって決めてなかったんですけど、何か俺の使ってた雑賀用の陣形が微妙に好評だったので、書いておこうかなーとw

 

f:id:ojamawhite0324:20140819194236p:plain

んーと、まず先に申し上げておくと、忍者がそこそこ強くないといけません。

まあそーいうことなんで、忍者の配置ですね。下前方と上後方で分けてるんですが、上後方(攻めるのが遅い方)には、より陣攻力の高い兵を置きます。私の場合は結界1と突進影走2です。

もーわかった人もいるんじゃないでしょうか。単純に敵兵を下に寄せて、上から陣攻しに行くって方法です。小学生みたいな考え方ですが、これが意外に陣攻してくれるんですよねw

陣前の兵は、突撃に使えない虚報とD連です。

 

自操作は脚4の遠射(動きやすいように)で、合戦開始に突命令して放置すれば、まー1分で優勢勝ちの可能性もあります。

陣攻が5回ぐらい入って、あとは鉄砲が敵兵を多少討ち取ってくれれば優勢勝ちまでいけますね。

 

注意

・陣攻できるかどうかは忍者の強さと運です。個人差があります。

・思い付きでやったものなんで、お願いだから批判しないでw(してもいいけどw)

 

皆のお役に立てたら嬉しいです。

攻略、分析とか書いときながらかなりテキトーな記事になってしまいました。すみません。

では、遠征後にまた会いましょう。ノシ

 

広告を非表示にする