6月某日のお話

6月某日

 

Twitterでフォローしている、2年前まで同じゲームをやっていた人物が、同じく2年前まで同じゲームをやっていたゲーマーのブログをツイートしていた。

 

ふとそれを見た時、「2年前に辞めたこのゲーム、復帰するのも無くはないかな」と考えた。私がそのゲームを辞めた1つの原因であった致命的なバグもそれ以来は起きていないらしいし、社会人を3か月やってある程度生活も落ち着いてきたところだ。

 

そう思いながら開いたWebページのブログタイトルには「2月戦」の文字。

 

流石に冗談だと思った。

 

この人のことだ、きっとボケて4か月間更新し忘れていたんだろう。

 

 

だが、真実。圧倒的真実。

 

 

そんな衝撃で考えていたことなど一度は吹き飛び、1か月たった今ようやくこの記事を書いている。

 

 

ともあれ、復帰のことを考えたのもまた真実。まずは8月2日あたりにでも、様子を見てみようかなと思っている今日この頃。

 

 

 

1か月後に、また考えるとしよう。

 

 

 

以下、あとがき

 俺ってこういう文章書くの絶対向いてないよね。

それはいいとして、今回この記事を書くに至ったのはどむ氏経由で見たつばやんのブログからです。それ以外にも、どうやらおじいちゃん組がちょいちょい見えてるとか聞いたもので。

改めてこのブログの過去記事見ると恥ずかしいこと書いてるなーとか色々懐かしさを感じていました。きっと俺はもう覚えてないことで戦じゃん界隈には迷惑かけてしまった人もいるかと思います。当時の自分に代わって、ここに謝罪と感謝を。

復帰云々は割とガチです。考えてた頃に長期延長があってビビったのもガチでした。7月戦が平穏に終わるようなら、本当に考えてます。

 

引退を宣言した時は戻るつもり無かったのですが、心変わりしたのはきっかけもなく何となくです。また、あの楽しさを感じるのも良いなと考えています。 

 

本日はこの辺で。絶賛undertale実況中です(宣伝)